急患・新患随時受付 各種保険取扱い

無痛治療

無痛治療を実現するために

皆様は歯医者に行くことになったときイメージすることはなんでしょう?
「痛いのかな」「怖い」といったイメージを連想されると思います。誰しも痛みを伴う治療はされたくないものです。しかし、すべて患者様が痛み感じずに無痛治療を受けられることは現在の歯科医療では可能とは言えません。

痛みを最小限に減らすため歯科医療は、日々進歩を遂げながら昔の治療よりは、痛みを軽減できるようになってきています。

そして私たち歯科医師も患者様の苦痛を少しでも取り除くために、すべての患者様に無痛治療を提供できるように日々研鑽を積んでおります。

治療をするときの麻酔は
なぜ痛いのか?

当院では、患者様の痛みが少しでも和らぐように治療をするときに麻酔に工夫をしております。
歯科治療で麻酔をされたときにチクっと痛く感じる方は多いかと思います。それはなぜでしょう?
それには2つの理由があります。

1. 注射針が歯肉へ刺入するときの最初の『チクッ』と感じる注射針によるもの

2. 麻酔の薬液が歯肉に入ってくるときの圧力によるもの

これらの要素を軽減すれば、麻酔の痛みは最小限に抑えることは可能と言えるでしょう。

当院の痛みの少ない
麻酔のポイント

当院では患者様の麻酔の痛みを抑えるためにいくつかの工夫があります。
これらの工夫をすることにより患者様の麻酔に対する痛みは最小限に抑えることができます。

  • 麻酔の注射をする前に特殊な表面麻酔(塗る麻酔)をします。
  • 麻酔液の温度を体温に近づけることにより痛みを和らげることができます。
  • 麻酔を打つ時は極細の注射針を使用します。
  • ゆっくり数回に分けて麻酔液を注入することで歯肉への圧力を軽減させます。
  • 電動麻酔器を使用すること。

これらのことをおこなうと痛みはかなり抑えられます。患者様によっては無痛の状態で治療をすることも可能です。

痛みが苦手という方は遠慮せずに担当医にご相談ください。不安を取り除いてリラックスした状態で歯科治療をすることが無痛治療のひとつの要素でもあります。

無痛治療を可能にする
麻酔法の種類

─ 笑気麻酔法

当院では「笑気(しょうき)ガス」を使用し、無痛治療を行っております。
笑気ガスの吸い込むことにより痛みを和らげ、気分をリラックスさせる事ができます。痛みに敏感な方、恐怖心の強い方におすすめいたします。なお、乳幼児にも使用する知覚を麻痺させるガスですので身体にも安全です。治療後すぐに感覚が戻りますのでご安心下さい。

─ 静脈内鎮静法

当院では麻酔の専門医による静脈内鎮静法を行うことも可能です。これは寝ている間に処置を行いますので、非常に効果のある鎮静法です。

Consultation hours & Access Map

当院の診療時間と交通アクセス地図